切開しないでバストアップ!最新のバストアップ治療をチェックしよう


ヒアルロン酸注入によるバストアップ

かつては、バストアップ治療というとシリコンバックの挿入が主流でした。一回の治療でしっかりと大きさを出すことができ、形もきれいに整うことがメリットです。とはいえ、バストに異物を入れることや体に傷が残ることに抵抗を持つ人も少なくありません。より体に負担が少なく、傷も残さずに大きくできればと考える人もあるのではないでしょうか。最近は美容整形でもプチ整形と呼ばれる技術が取り入れられることが増えました。プチ整形は切開を伴わず自然な仕上がりを得られることも人気です。バストアップのプチ整形ではヒアルロン酸注入が特に人気です。大幅なバストアップには向いている方法ではありませんが、授乳後のしぼんだバストにハリをもたらす、左右差を整えるなど様々なバストの悩みに対応できる治療です。

脂肪注入によるバストアップ

バストを切開しない方法では、脂肪注入によるバストアップも注目されています。太ももやお腹など脂肪を吸引する場所は切開が必要ですが、目立たない部位で行われます。吸引した脂肪は注射で注入していきますので、バストには大きな傷が残る心配はなく注射による小さな針穴のみです。バストを豊かにしながら気になる部位の脂肪を取り除くことができるので、痩身も同時に可能な治療です。かつては、脂肪の定着が良くないことやしこりや石灰化ができやすいという欠点もありましたが、最新の治療ではよりしっかりとバストに定着できるようになりました。治療方法も豊富に用意されていますので、できるだけ石灰化やしこりのリスクが少ない治療を選びたいところです。

実績が豊富なクリニックに豊胸手術を依頼する事ができます。複数の手術方法から状況や目的に応じて選択する方法も可能です。